読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事件屋稼業

気持ちに素直に日々を書いていきます

森友学園問題〜政治家のレベルは構造的な問題で低下する

何かしら政治絡みの事件・不祥事の報道がされる時、しばらくすると「政争の具」という言葉で、問題の解決でなく、選挙を睨んだPR戦でないか、という論点が登場します。森友学園問題も、その一例。
 
森友学園問題については、なんだか保守陣営の差し合いみたいなやり取りによって、一層元々何が問題だったのかがわかりづらく、薄まってきている感じがします。これも、ある種の「政治劇場」ですね。(籠池氏は安倍政権擁護のために動いているように普通に見えます)
 
前者の「政争の具」については、結局のところ野党はなんとかして与党の問題点にFocuaして国民にアピールしようとしていることは間違いないし、与党はそれを明らかにしようと同じく国民にアピールしているわけなので、結果としては、与党・野党が一致団結して問題を「政争の具」にすべく押しやっているということになる。
 
いずれにせよ、見え透いていることを恥ずかしくもなくやるものだな、と思うわけですが、米国大統領選挙の結果なども見るにつけ、少なくとも米国では通用しているのでしょう。日本でもこういった試みが成功しているのかどうかは微妙なところとはいえ、感覚的には8割くらいの人は、特に疑問に思わずやり取りを真に受けてしまっている気がします。(国民を馬鹿にしているという点では与党・野党を問わず共通で、しかもそれはあながち間違いではない)
 
政治家に限らず、僕らが生きている日常生活においても、自分を天才と思っていたり、周囲のレベルを下に見ている人間は、自分のまやかしが相手には通じていると思い込んで、誰に対してもつまらないごまかしや嘘をついてしまったりするのをよく見かけます。実際にそれが通用している場合もあるのでしょうが、長期的には長持ちしないし、本当にそのような人が認められていると思っている人からは、軽蔑しか得られないことになる気がします。
 
同じく、政治家という職業が短期的に国民の支持を得ようと動く以上、2割程度の人には常に軽蔑の対象となるし、そういった2割の人は政治家になろうと思わない、という悪循環が生まれていくように思えます。
 
そう考えると、民主主義における政治のレベルは、その政体が誕生した時から構造的に低下していくものである、といえるかもしれません。歴史は民主的な政体と寡占的な政体を行き来しているわけで、世界各国で独裁主義者的な権力者が生まれているのは、歴史を眺めてみた時にも必然であるのかもしれません。日本における議会制民主主義も、そんなに長い歴史があるものではなく、絶対のものではないということを忘れてはいけません。
 
以上のことから間を省いて感想を述べますと、現状の日本では政治のレベルを上げるのは難しいでしょうし、かといって今の世の中で軍部や一党独裁のスキームに移行することも現実的でないでしょうから、我々の生活を良くするためには、政治に最小限しか頼らない社会構造を作り上げていく必要があるのだろう、と思うしだいです。

M1グランプリ〜上沼恵美子の審査が酷い件

カミナリへの80点からの相席スタートへ90点。カミナリの時に失敗したと思って、人と逆にすることにしたのかな、と思いました。

なんというか、感情の揺れ動きで行動を誤るというのは日常でもよくある話なので、僕としてはかわいそうだなと思います。生放送は怖い。穏やかに収まるといいのですが。。。

welq問題に関する守安社長インタビューに思うこと

DeNA社のwelqの医療問題について、サイトの一時閉鎖が発表され、techcrunchには守安社長のインタビューが掲載されました。

jp.techcrunch.com

危機管理の点で良くできたインタビューだとは思いますし、「結果責任において良いか悪いかは別において、分かる範囲で、誠実かつ正直に回答されている印象」(LINE執行役員田端氏)といったコメントを始めとして、擁護する意見も業界の方を中心に出てきたのですから、成功なのでしょう。(田端氏のコメントが“擁護”なのかはなんとも言えないところですが)

ただ、本質的には、経営者として関知していたかとか、管理不足を認めたから偉いという話ではなく、企業体質の問題なので、誰よりも(村田マリ女史よりも)責任を負うべきなのは守安氏をはじめとした経営陣であると思うのです。「儲かればなんでもいい」というように見える創業以来の姿勢は、メンバーをそのような活動に走らせるし、このような企業の買収という判断にも至らせてしまいます。コトの処理に南場さんを…という論調も一部にはありますが、過去を振り返る限り、その点では何の変わりもないでしょう。(むしろ顕著でしょう。経営者としての明晰さと理念とは、この場合リンクしていないようです)

一月前に記事(MERYとwelq〜キュレーションサイト運営会社の企業理念を読んでみたこと - 事件屋稼業)を書いた折にはここまでの炎上になるとは思っていなかったのですが、本当に信じている企業理念のない会社は、割と早くに没落するのだ、ということだと思います。全ての経営者の方々、投資家の皆様は、十分に考えられた方が良いでしょう。

成長戦略に悩むDeNAではありますが、この事件で衰退の一途を辿る、ということはないと思われます。ただ、本当の価値を生み出すことを目的にしていない以上、淘汰の憂き目に合うのは時間の問題かもしれません。価値を生まない生物に、世界は厳しいものです。

「田舎のプロレス」への謝罪について

「田舎のプロレス」発言、萩生田副長官が撤回し謝罪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000059-asahi-pol


僕は自民党支持者でもなんでもないですが、この発言に関する謝罪対象がみちのくプロレスであるならまだしも、国会審議への侮辱という点であるというのであれば、なんだかなぁと思いますね。

誰の目から見ても、採決に対する妨害が(諦めを伴った)形だけの抵抗ポーズにしか見えない以上、この表現は的を得た表現だと思えるのですが。

この謝罪を引き出すことに何の意味があるのか、野党陣営は冷静に分析すべきですね。

哲学とルール〜電通「鬼十則」掲載中止に思う

電通」社員心得“鬼十則”掲載中止を検討

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221224

鬼十則自体は、自己実現と社会的貢献を果たす上での健全な心構えを示しているものだと思います。
それは、個人の喜び・健全な生活をの大切さといったものを否定するものではなく、ただ書かれていないだけ、何故ならば社会的人間としての心構えを定義しているにすぎないものです。
こういうものが、本来の枠を飛び越え、言葉やルールだけが一人歩きしていくことはよくあることです。
ルールには精神が重要と言いますが、定型的な制度だけでなく、キャッチャーな言葉の精神論というものも形骸化を招くことに変わりはなく、注意が必要です。

米国大統領選~トランプ勝利で世界はむしろ幸福になるかもしれないと思う件

フロリダ・ミシガンをトランプが制し、どうやら勝負あった感があります。前回のエントリー(米国大統領選〜セオドア・ルーズベルトを評価すること - 事件屋稼業)で"米国民・世界中の人々のために、トランプの落選を祈っています"と書きましたが、果たして何が人々のためなのか、というのは改めて考えさせられてしまっています。

今回の選挙結果を受けてどのような政治的・経済的影響が出るのかは、どの程度の態度にトランプが出るのか・議会はどう動くのかによるため断定することは難しいですが、ひとつだけ間違いなく言えるのは"アメリカ合衆国への尊敬の失墜"、もしくは彼らが掲げる"民主主義と自由"への疑念増大は世界中でおきるであろう、ということです。

これをネガティブと取るかポジティブと取るかは人それぞれかもしれませんが、ひとつの自らが思う"正義"を絶対のものとして押し付けることは、異なる"正義"を持つ人々の幸福を奪うことであります。その"絶対"が揺らぐことは、短期的な混乱を経たとしても、世界が幸福に向かうターニングポイントになるかもしれません。

 僕は悪人も堕落した者も我慢できる。だが、自分たちが正しいと単純に信じきっている馬鹿者だけは我慢できない。
(「イタリアからの手紙」塩野七生

・・・これは確か、アメリカ国民に関する記述だったように思います。望むらくは、今回の選挙結果を通じて、米国国民が自分達の正当性について今一度考え、疑問を持ってくれることを祈っています。

 でも、人種差別者と思われている人物を支持してもいいと思う人が多い世の中は、今を生きる僕にとってはとても悲しいですね。

米国大統領選〜セオドア・ルーズベルトを評価すること

米国大統領選が混迷の真っ只中にあります。これとは関係がない文脈で、歴代大統領の中でも評価・人気の高いセオドア・ルーズベルト(第26代大統領)の名言を読む機会がありました。こちらです。

批評家には価値がありません。強い人間のつまづきを指摘したり、立派な仕事をした者にもっとよくすべきだったとケチをつける人間も同様です。
真の称賛は、実際に戦いの場に立って、泥と汗と血で顔を汚し、勇敢に戦い、過ちや失敗を繰り返す人間に与えられるべきです。なぜなら、努力には失敗や過ちは必ず付いて回るからです。

彼は、物ごとを成し遂げるために全力を尽くします。偉大な情熱と偉大な献身を知っています。価値ある大義のために全力を傾けます。うまくいけば最後に大勝利を収めます。失敗するとしたら、その時も敢然と戦いつつ敗れます。

だから、そういう人間を、勝利も敗北も知ることのできない無感動で臆病な魂とは、断じて同列に並べるべきではありません

この文章は、赤坂の小沢一郎事務所にも飾られていたということです。

こういった文章を書いたセオドア・ルーズベルトの生涯とはどんなものであったのか、興味を持ってwikipediaを読み込んでみました。

セオドア・ルーズベルト - Wikipedia

これを読む限り、彼は「大義」のために「利己心」を徹底的に排除して行動するという人生を貫き通した人間であったと言えるようです。

彼はその精力的な個性、成し遂げた業績と合衆国の利益、国の発展期に示したリーダーシップと、「カウボーイ」的な男性らしさでよく知られる

・・・

彼はまた政治家としての業績と同じくらい、軍人、作家、狩猟家、探検家、自然主義者としての名声も併せ持つ。

その行動性は、幼少期に病弱であった過去からも培われたものでもあったようです。

裕福な家庭に生まれたルーズベルトは、博物学好きで喘息に苦しむ虚弱な子供であった。彼は体力の無さに応じて生涯の奮闘を決心した。彼は自宅で学習し、自然に情熱を抱くようになる。

・・・

「私が覚えている限り、それらは全く平凡であった。私はかなり病弱で、かなり臆病な小さい少年だった。そして、とりとめのない読書と博物学が非常に好きで、どんなスポーツにも優れなかった。私は喘息のため学校へ行くことができなかった。神経質で、自意識が強かった。私の記憶では、私の信念はリーダーシップの点で普通の遊び仲間よりかなり下にあったと思う。しかしながら、私には想像的な気質があり、これは時々私の他の短所の埋め合わせをした」(本人の手紙)

「想像力」を高く持っている人間が、利己心を超えて大義のために生きるという判断に至ることは、当然の帰結かもしれません。それによって、彼は自ら行動者として生き抜くことができたと言えるのだと思います。

一方で、彼の「想像力」の及ぶ世界、すなわち「大義」というものには、人間として当然のことながら自らの環境から生まれた価値観から脱することはできておらず、米国という彼が守るべき秩序・世界のみに向けられていたということもできるようです。これは、彼の保守的な"インディアン"対応にも現れているように思えます。

・・・故郷アイダホからワシントン州に強制連行されたままのネ・ペルセ族の窮状について、世論の批判が高まっていたのに対してまったく放置した。ギボン将軍が後押ししたジョセフ酋長の嘆願も、まったく無視し、死ぬにまかせた。「ノーベル平和賞」を受賞したルーズベルトだが、インディアン民族に対しては歴代大統領の絶滅政策を支持していた。

・・・

「私は、"死んだインディアンだけが良いインディアンである"とまでは言いませんよ。しかし、私は10人インディアンがいたとして、そのうち、9人まではそうじゃないかと思っています。それと、私はあまり10人目については真剣に考える気になれませんね」

つまるところ、彼の「大義」は世界の進歩や人々の幸福といったものに向けられてはおらず、米国という秩序を守るという義務感に捧げられているものであった、ということなのかもしれません。それは、次のような彼の発言でも明らかになっています。

「元首は、ただ単に数多い公僕の中の最も重要な一人に過ぎない。元首は、まさにその善行や悪行、国民全般に対し忠誠心があり、有能で不偏不党な奉仕を為す上で効率的であるか不効率であるか、その程度に応じて支持されまた反対されるべきものである」

冒頭の発言は1910年、彼が大統領を辞任した後の演説の中の一節ということです。少なくとも、自分自身の信じた大義に従って生きたという満足を抱いて、彼は生涯を送ることができたのだと思います。それは、同世代の人のみならず、後世の人をも引きつけるものです。

現状、トランプがあれだけ米国の利益を損なうリスクがありながら、ヒラリーと支持率が拮抗しているという事実は、「人は、自分の信念に一貫性のある人の発言のみを信用する」という簡単な法則が当てはまってしまっているのだと思います。人間は経済合理性に基づいて動く、という考え方は、古いようでいて新しい現代に近い思想から生まれる思い込みであって、全くと言っていいほど、実世界には当てはまらないものなのだと思います。

僕自身は、信念を持った思考力・想像力の低い人間(それでいて自らは高いと思っている人間)は、世の中にとって最も害をなすと考えていますので、(害をなすことに変わりはなさそうだといっても)消去法的にヒラリーを支持します。米国民・世界中の人々のために、トランプの落選を祈っています。