読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事件屋稼業

気持ちに素直に日々を書いていきます

人間は金のために動いてはいない〜社会の幻想

「結局金だろ?」という人に対して、人間は金のために動いてはいないということを説明することはとても難しい。


最終的にお金がなくてはいけないし、別の大義のために動いていた人間が、最終的にお金にまつわる欲に駆られた(ように見える)事件を起こすといったこともありえる。


それでも、やはり人間はお金で動いてはいない。


お金で動いているように見える人も、社会的定義の中でお金によって象徴される何かを追い求めて動いているのだ、と思う。


その欲求が別のものによって満たされれば、お金は本来の、物々交換を効率化するためのツールの役割に再び収斂される。


社会的共同幻想に支配される世界の中で、個々人の本当の欲求を見極めることは、他人にとってはもちろん、自分自身にとってさえ、とても難しいことだと思う。