読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事件屋稼業

気持ちに素直に日々を書いていきます

米国大統領選~トランプ勝利で世界はむしろ幸福になるかもしれないと思う件

フロリダ・ミシガンをトランプが制し、どうやら勝負あった感があります。前回のエントリー(米国大統領選〜セオドア・ルーズベルトを評価すること - 事件屋稼業)で"米国民・世界中の人々のために、トランプの落選を祈っています"と書きましたが、果たして何が人々のためなのか、というのは改めて考えさせられてしまっています。

今回の選挙結果を受けてどのような政治的・経済的影響が出るのかは、どの程度の態度にトランプが出るのか・議会はどう動くのかによるため断定することは難しいですが、ひとつだけ間違いなく言えるのは"アメリカ合衆国への尊敬の失墜"、もしくは彼らが掲げる"民主主義と自由"への疑念増大は世界中でおきるであろう、ということです。

これをネガティブと取るかポジティブと取るかは人それぞれかもしれませんが、ひとつの自らが思う"正義"を絶対のものとして押し付けることは、異なる"正義"を持つ人々の幸福を奪うことであります。その"絶対"が揺らぐことは、短期的な混乱を経たとしても、世界が幸福に向かうターニングポイントになるかもしれません。

 僕は悪人も堕落した者も我慢できる。だが、自分たちが正しいと単純に信じきっている馬鹿者だけは我慢できない。
(「イタリアからの手紙」塩野七生

・・・これは確か、アメリカ国民に関する記述だったように思います。望むらくは、今回の選挙結果を通じて、米国国民が自分達の正当性について今一度考え、疑問を持ってくれることを祈っています。

 でも、人種差別者と思われている人物を支持してもいいと思う人が多い世の中は、今を生きる僕にとってはとても悲しいですね。